2009-01

2009 関根進いのちの手帖

《第30号》若い女性で人気の自然食品店、マクロビオティックレストランはここだ

わが家が頻繁に利用している有機栽培の農園や自然食品店の人たちをラインアップ――の続きです。 ◆群馬県藤岡/浦部修・真弓さんの「古代米・浦部農園」 電話0274-23-8770 浦部修、真弓夫妻は20年ほどまえから有機無農薬の米作りをは...
2009 関根進いのちの手帖

《第29号》有機玄米、有機食品・・・ガン延命のひみつは「食のライフライン」にあり

ズバリ、「食べる毒」を口にしてはなりません。 ガンのような生活習慣病から身を守る第一の原則は「食の改善」です。 欧米化した高脂肪・高たんぱく食品の過食と、農薬・化学添加物などの薬害が、ガンになりやすい体質に日本人を変えているのが現実だから...
2009 関根進いのちの手帖

《第28号》衣食住の温故知新――欧米かぶれを止めて「先人の知恵」を見直そう

いま、マクロビオティックの中心団体である正食協会の月刊誌「むすび」に1年間、「ガン切らずに10年延命――いのちの玄米菜食」 というタイトルでコラムを連載中ですが、「むすび」誌はこの号から誌面を大刷新して、日本人らしいライフスタイルを見直す...
2009 関根進いのちの手帖

《第27号》「いのちの玄米菜食」――月刊誌「むすび」の新年号から連載を始めました

お蔭様で、この2009年の1月で、「ガンを切らずに延命」という僕の闘病も丸々10年となりました.本当に有り難いことだと感謝しつつ、新年を迎えました。 というわけで、マクロビオティックの中心団体である正食協会の月刊誌「むすび」に1年間、連載...
タイトルとURLをコピーしました