2008-03

2008 関根進いのちの手帖

《第7回》ガン切るべきか、切らざるべきか?土屋繁裕・外科医の「手術の4原則」

ガンを宣告されれば、白血病のような血液ガン以外は、胃ガンにしても肺ガン、肝臓ガンにしてもほとんどが外科に回され、よほどの末期ガン(第Ⅳ期症状)で手に負えない場合でもなければ、まずは腫瘍を切り取る「手術の選択」を余儀なくされます。 いまの大...
2008 関根進いのちの手帖

《第6回》二人に一人がガン! いや、これからは長生きすると「多重ガン」?

最近、日本は長寿難病国、いや長寿病弱国とまでいわれ、二人に一人がガンになると恐れられていますが、いまや、もっとひどい状況になりかねないようです。 「気がつけば、あなたもガン」いや「気がつけば、あなたも“多重ガン”」といわれる時代の始まりで...
タイトルとURLをコピーしました