2009 関根進いのちの手帖

2009 関根進いのちの手帖

《第78回》 新型インフルエンザの大敵は「冷え」

僕が仲良くしている東京女子医大・青山自然医療研究所クリニック院長・川嶋朗さんには、「心もからだも「冷え」が万病のもと」(集英社新書)というベストセラーがあります。その川嶋医師が、「新型インフルエンザ対策」についても、 「冷え」や「薬の多用...
2009 関根進いのちの手帖

《第77号》≪食縁力ネットワーク≫で生命力アップ

「体にやさしい有機玄米、有機食品の農園やお店と手を握って・・・ わが家の食のライフラインを作ろう」というわけで、僕たちのスローヘルス研究会では、 ガンの治療情報の交換だけでなく、 有機栽培を旨として インターネットに通販サイトを開いて...
2009 関根進いのちの手帖

《第76号》 冬休みは「簡単リラックス気功」で英気を養おう!

まえに、僕の親しくしている 鍼灸師で気功師の鵜沼宏樹さんの 「通勤中でも出来る簡単気功」を紹介しました。これからは、ちょうど年末年始の休みを迎えますから、 今回は、冬休みに出来る「簡単リラックス気功」を紹介します。 ひとつは「お風呂...
2009 関根進いのちの手帖

《第75号》 あなたは「ポックリ名人」になれるか?

「死に方上手」=「生き方上手」――、 いかに生を楽しみ、来るべき死も楽しむか? 不思議と、読んだ読者の心をときめかせる、 帯津良一先生の最新刊「ポックリ名人。」が出ました。 ベストセラー『達者でポックリ。』の続編です。僕のいのちを預かってい...
2009 関根進いのちの手帖

《第74号》 腰痛改善の簡単気功――≪胎児気功≫って何?

皆さんの中にも、しつこい腰痛に悩んでいる人は多いと思います。 僕の場合、≪ガン≫を切らずに延命「10年」だけでなく、≪椎間板ヘルニア≫を切らずに「5年」 という経歴の持ち主でもあります。 季節の変わり目や寒い冬になって、腰痛で体がしびれ...
2009 関根進いのちの手帖

《第73号》≪食卓汚染≫から身を守るために、≪食のライフライン≫を作っておこう!

先週、紹介した、古代米・浦部農園の話を続けましょう。すでに、拙著「しなやかな玄米菜食」の中で、 次のように、僕たちの周りに起こっている ≪食卓汚染≫≪食の堕落≫から身を守り、 元気で長生きのスローヘルスのための 「7つの法則」について書いて...
2009 関根進いのちの手帖

《第72号》≪玄米雑穀で健康になろう≫ 浦部農園から≪有機新米≫が届きました。

収穫の秋、食欲の秋たけなわですが、 僕たち、スローヘルスの会の仲間の ≪食のネットワーク≫である 浦部農園に予約しておいた、 待望の新米が我が家にもどさっと届きました。有機古代米で有名な群馬・藤岡の浦部農園の経営者・ 浦部修さん、真弓さん夫...
2009 関根進いのちの手帖

《第71号》≪心のトキメキは養生から始まる≫――これが≪元気で長生き≫の秘訣だ

≪養生は爆発だ≫ ≪心のトキメキは養生から始まる≫――これが≪元気で長生き≫の秘訣だと唱えているのは、僕の主治医の帯津良一医師です。えー? そんな非科学的な話は信じられん! 病気は薬や手術で治すものだよ・・・ という人は多いと思います。 ...
2009 関根進いのちの手帖

《第70号》攻めの養生とは―真の養生とは計りごとを捨ててあるがままに生きることである

僕の主治医である。帯津医師が養生の基本と考えている格言――、 「生命在脚下 希望在心中」の話の続きです。 帯津医師は全国各地を講演で駆け回っていますが、 毎年、講演のテーマ変えて、メッセージの工夫することを楽しんでいます。 5年前、...
2009 関根進いのちの手帖

《第69号》生命在脚下 希望在心中―無理に明るく前向きを装っても≪希望≫は生まれない

≪生命在脚下 希望在心中≫―― これが僕の主治医の帯津良一博士の生命観・人生観の土台であり、治療方針の基本です。「私が考えたのではなく、北京の郭林新気功の師である、 于大元(うたいげん)さんから教えて貰った言葉です。 ≪いのちはあなた...
タイトルとURLをコピーしました