《第49号》あなたを勇気付ける―声を出して<いのちを語ろう>!

ガンのような難病患者が”病院の大量劇薬投与”や”医師の説明責任不履行””ドクターハラスメント”といった

[ultimate_carousel slides_on_desk=”1″ slides_on_tabs=”1″ slides_on_mob=”1″ arrow_style=”square-bg” arrow_bg_color=”#3083c9″ arrow_color=”#ffffff” dots=”off” adaptive_height=”on” item_space=”0″]
[/ultimate_carousel]

不当な医療抑圧を受けた場合、その被害から身を守るために、

ただ抵抗したり、あきらめたりするのではなく、

患者さん自身が、率先して自分を<エンパワーする>=

より強く<生命力をアップする>ことが、

ますます大切になって来た――と、前回、書きました。

その<いのちのエンパワー法>には、日ごろから、

玄米菜食を励行する、呼吸法を続ける、漢方薬を処方してもらう・・・などなど、

いわゆる、東洋の薬食同源の知恵、日本古来の養生の知恵を

励行することが、大事だということも書きました。

しかし、ここで、もうひとつ大事なことがあります。

ただ医者に頼んで<西洋薬の代わりに東洋薬を飲めばよい>・・・と

単純に考えるのでは<いのちのエンパワー>は出来ません。

そこで、長い長い人生では、自分の<心のエンパワー>が大切になってきました。

<心のエンパワー>などというと難しく聞こえるかもしれませんが、

いわゆる、<他力>ではなく<自力>で人生を決めるパワーを養う――

これです。(仏教用語の<他力>と若干意味合いは違いますが)

では、≪心のエンパワー≫=

≪自力で人生を決めるパワーを養う≫――には、どうすればよいか?

それは、日頃から、<自らの物語を創る>=

<ナラティヴ・アプローチ>のクセを付けることです。

ちなみに、精神医学の分野でも<ナラティヴ・セラピー>=

物語療法、家庭療法という療法が注目されていますが、

≪ナラティヴ≫とは社会学で≪物語性≫。

つまり、ライフストーリーや病気は語られる=<語り直されるもの>で、

それによって、個人個人の可変力が生み出されるという考え方です。

ですから、ガンのような難病に見舞われたら、ただ、静かに

諦観するごとくに<自分を見つめなおす>というのでは生ぬるいのです。

≪よーし、なんとしても、いのちを掴んでみせるぞ≫

≪よーし、なんとしても、納得する人生を掴んで見せるぞ≫と

声を出して≪自分の目指す世界≫を語り、

手を使って≪自分の納得いく物語≫を作文する――、

最近話題になっている斉藤孝・明大教授の著書、

『声に出して読みたい日本語』のすすめではありませんが、

<声を出して自分を語りなおす>ことが、即、<心のエンパワー>の基本です。

こんな話を書いておりましたら、その著者・齋藤孝さんの

ナラティヴでエンパワーに満ちた新刊書が贈られてきました。

「名作にひそむ 涙が流れる一行」という、

樋口一葉、夏目漱石、島崎藤村、八木重吉から

山本周五郎、遠藤周作、宮本輝、村上春樹、浅田次郎、吉本ばななまで・・・

古典、現代、また小説、詩歌を問わずに選りすぐった名作文学から、

「涙が流れる一行」をピックアップしたという内容ですから,

若い人はもちろん、僕のような中高年にもとても面白い本です。

たとえば、以下のように、名作の「涙が流れる一行」が次々と展開します。

<お米がいっぱい詰まっている米櫃に、

手ェ入れて温もってる時がいちばんしあわせや。

・・・うちの母ちゃん、そない言うていたわ>(宮本輝・著『泥の川』)

<こころよ では いっておいで

しかし またもどっておいでね

やっぱり ここが いいのだに

こころよ  では 行っておいで>(八木重吉の「心 よ」)

この詩には、著者は「自分が自分の味方であると考えられるのは、すごく大事です。

生きていくうえで、自分が自分の味方でなくなってしまったらつらい。(略)

心が揺らいで(略)不安になった瞬間にこの詩を読むと、

自分というものを取り戻せるのではないかと思います」とアドバイスしています。

単なる名作文学ガイドや作品論ではなく、

いま私たちの生活の中に必要なものはなにか?

僕流に感想を述べさせてもらえば、

親も子も含めて、いまの日本人が忘れかけている、

<ナラティヴ・アプローチ>=≪自分の身体用語でいのちを語る≫

≪日本の伝承風土に根ざした物語性を見直す≫・・・

この大切さを改めてメッセージした、珠玉のエッセイであり、

とても読んだ後味のよい人生読本です。お奨めの一冊です。

まえにも紹介しましたが、昨年、106歳で大往生された、

僕の敬愛する塩谷信男医師の正心調息法という呼吸法は、

「ガンが治った、治った、治った」と三唱するものでした。

これは、僕の主治医の帯津良一医師の

<心のときめき>が病気も治す・・・という持論に共通することだと思います。

いま多くの日本人が忘れかけていますが、

日本伝統の詩歌や物語は、声を出して語りつがれ、

人々は、この物語の叙情にエンパシー(共鳴)しながら、

自分自身の物語を創造し、また、勇気と希望に燃えて、

次の世代に語り伝えてきました。

これが、本来の≪いのちのエンパワー≫の自然な姿です。

子供たちの世代に対する情操教育ばかりが、盛んに叫ばれますが、

それだけではではありません。

いま、親の世代こそが、自然に湧き上がるような

≪心のエンパワー≫を豊かに育みましょう。

<声を出して、いのちを掴もう><声に出して、自分を物語り直そう>――

きっと、不思議なパワーが満ち満ちてくるはずです。

≪希望こそ良薬、あきらめは毒薬≫です。

さらに、≪声を出して自分を語りなおすことこそ、心のエンパワーの源≫

となるはずです。

あなたは、どう考えますか?

タイトルとURLをコピーしました