《第78回》 新型インフルエンザの大敵は「冷え」

2009 関根進いのちの手帖

僕が仲良くしている東京女子医大・青山自然医療研究所クリニック院長・川嶋朗さんには、「心もからだも「冷え」が万病のもと」(集英社新書)というベストセラーがあります。

[ultimate_carousel slides_on_desk=”1″ slides_on_tabs=”1″ slides_on_mob=”1″ arrow_style=”square-bg” arrow_bg_color=”#3083c9″ arrow_color=”#ffffff” dots=”off” adaptive_height=”on” item_space=”0″]
[/ultimate_carousel]

その川嶋医師が、「新型インフルエンザ対策」についても、

「冷え」や「薬の多用」が要注意だと,警告しておられます。

これは「すこやかメッセージ」秋号

(NPO法人レックス・ラボ 乳酸菌生成エキス研究会・発行)

302 Found

の巻頭特集――≪インフルエンザには「うがい」「腸内環境」「冷え」、

この3つがキーポイントです≫

と題する特別インタビュー記事ですが、抜粋紹介しておきましょう。

「抗ウイルス剤などの薬を多用する前に、

普段から自らの体の免疫力を高めること」が

いかに大切か?と述べています。

とても参考になる話ですから、

一部を紹介させていただきましょう。

「秋口からまた流行することが予想されますが、

しつこいほどうがいしている人はかからないと思います。

いたずらに抗生物質なんか飲んではいけません。

『乳酸菌生成エキス』を飲んでつねに

腸内をいい状態に保って

免疫力をあげておくことを基本にして下さい。

冷えを遠ざけ、普段から体温を上げておくことも大切です。

①うがい ②腸内環境、③冷え

この3つがキーポイントです。(略)」

さらに次のようなアドバイスも語っておられます。

「副作用で複数の死亡例も出ている

タミフルやリレンザ(抗ウイルス剤)を

皆さん多用している状況の方が気になります。

死亡者が続出するような

強力新型インフルエンザに対しては、

その使用もやむを得ないかもしれません。

でも、持病もなく、新型インフルエンザにかかるまで

健康だった人の死亡例はまだ聞こえてきません。

その使用には慎重になるべきではないでしょうか?」と。

大切なポイントは

≪熱を薬で簡単に下げてしまわないこと≫だそうです。

ところが残念なことに、

「まだ大半の方が、

≪熱があったら抗生剤≫という抗生剤神話を信じています。

でも、風邪に関して抗生剤は効きません。

2003年に日本呼吸器学会も、

日本感染症学会も効果のないことを発表しています。

細菌は自分の力で増殖するが、

他の細菌などに寄宿して増殖する・・・つまり

ウイルスには自分の体内に栄養を取り込んで

増殖するという機能がないから抗生剤は効かないわけですが、

自信のない医師が

≪もし細菌性の肺炎だったりしたら責任問題になる≫

などと焦って、やたらと抗生剤を処方するために、

かえって風邪やインフルエンザをこじらせてしまう危険もある」

――と警告しておられるわけです。 インフルエンザと言うと、

ワクチンはもちろん、すぐにタミフルやリレンザといった

抗ウイルス剤の薬のことばかりが注目されますが、

日頃から、腸や血液をきれいにするような

体を温かく保つ養生法を積み重ねておくことが大切だ――、

「薬の多用」「薬の妄信」には気をつけよう――

というアドバイスでしょう。

皆さんも、この冬は心身を温かくしてお過ごしください。

≪お知らせ≫

毎週金曜日掲載

~週刊いのちの手帖~は、

新年1号から

次のように改題して、新装連載を始めます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

縁をつないで、運を呼び込む

ガンに負けない

希望の法則

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 本年同様、ゆったりと楽しく読んで下さい。

元気が出ます。勇気が湧きます。

「人間というものは、自分の運命は自分で作っていけるものだということをなかなか悟らないものである」 アンリ・べルクソン

タイトルとURLをコピーしました