《第38号》●希望の法則38 ≪食道ガン!私も切らずに生還≫――放射線+抗ガン剤+天仙液+SOD

12年前、僕はガン病棟に、

当時としては珍しい軽量のノートパソコンを持ち込んで、

「ガンを切らずに治そう」と同時進行の闘病記を初めて書きました。

[ultimate_carousel slides_on_desk=”1″ slides_on_tabs=”1″ slides_on_mob=”1″ arrow_style=”square-bg” arrow_bg_color=”#3083c9″ arrow_color=”#ffffff” dots=”off” adaptive_height=”on” item_space=”0″]
[/ultimate_carousel]

そのタイトルが「母はボケ、俺はガン」(というタイトルで、

このちょっと衝撃的なタイトルを考えたのが担当部長のKさんでした。

Kさんは、当時、40代の働き盛りのバリバリで、

「ちょっと、エグいタイトルをつけてすみません」と、

はにかんだように笑った顔をいまでも思い出します。

僕が、58歳で食道ガンを宣告され、カミサンとオロオロしているとき、

不運にも、老母がボケ症状、いまでいう認知症で入院。

まさに、老老介護、ならぬ2世代闘病の渦中に曝されたわけで、

この様子を見て、Kさんは、タイトルとしては

編集的にインパクトのある題名を考案したわけです。

さて、それから12年、Kさんとは、ほとんど会った記憶がないのですが、

この6月に、当然、メールを貰ったのです。

≪ご無沙汰しております。実は一つ相談があります。

最近、食道ガンと宣告され、がんセンターに入院することになりそうです。

一度、お目にかかりたいのですが≫

正直言って、びっくりしました。

人間の因果といいますか因縁とはおかしなものですね。

入院前に、一度、マクロビオティックのレストランで食事をしながら

僕なりの「食道ガン、切らずに治す選択肢もあるよ」

という話をくわしく説明しました。

もちろん、Kさんは10年以上、僕の闘病歴を蔭から

ずっと眺めてきた人ですから、ガンセンターの外科医に

自分の意思をはっきりと伝え、僕と同じように

「放射線+抗ガン剤」の「切らずに延命」の道を選択したようです。

3か月にわたる長い入院の結果、次のようなメールが届きました。

≪その後、放射線と化学療法を行い、

昨日、内視鏡検査の結果、ガンは見事に消えていました。

今月半ばに、さらに5日間、化学療法のため入院

して一応、当初の治療計画は終わります。

手術を回避でき、ほっとしております。

今後は関根さんのように生活改善、食生活改善に励みたいと思っております。≫

早速、僕は、お祝いと、さらなる養生アドバイスについて

返信メールを送りました。

≪Kさん、それは良かった!

とりあえず「寛解」というわけで、病院では「再発しないように」といって、

さらに抗ガン剤を投与しまくるでしょうから、

あるクールでやめてもらい、

とにかく、化学劇薬で損傷した正常細胞の活性と

からだ全体の免疫力を上げることに、養生専念してください。

いくら、スムーズに食べられるようになるからといって、

「ガンは油断大敵」です。

暴飲暴食や冷え、そして喫煙、ストレスは厳禁です。

初期治療の段階で安心したり、抗ガン剤にかかりすぎたり、

そのうえ、「再発」「転移」して、こじれた後では、

大病院の治療はますます荒っぽくなるばかりで、手遅れとなります。

もうひとつ。ガンは初期段階、そして退院直後に

多少、カネをかけてでもからだに良い「養生法」は励行しましょう。

ここが元気で長生きのキモです。≫と。

もちろん、僕のガン治療の選択肢が「万能」「万全」などと強弁はしません。

また、僕は、ガン相談やガンコーディネーターを

生業としているものではありません。

まえにもこのコラムで書いた通り、食道ガンの場合、難しい手術の

後遺症や合併症がいのちを縮める引き金となるケースが多いですから、

僕は、Kさんの「治療選択」と「生活改善」の決断に、

一先輩患者として、エールを送ったわけです。

ともかく、Kさんも、いまだ半信半疑でしょうが、

いきいきとした息吹の伝わるメールが届きました。

「アドバイスのように過ごしたいと思います。

実は関根さんのケースを参考、天仙液もSODも服用しております。

多分、相乗の効果もあったように思います。」

ま、ガンは油断大敵ですから、「切らずに腫瘍が消えた」といっても、

これからの養生次第で、どう症状が変化するかははかりしれません。

しかし、僕と同じように、

「放射線+抗ガン剤+天仙液+SOD」などの組み合わせで

結果は、一応、腫瘍が消えて「寛解」したわけです。

Kさんも、「切らずに」頑張る――という選択肢を選ばれた訳ですから、

これを「幸運」と考え、なんとしても、ガンに負けない体質改善、生活改善を

腐心して、上手にいのちをほしいと願っているわけです。

とにかく、いまのガン医療制度の基準やマスコミの論調では、

はっきり申し上げて「ガンは局部を切り取れば完治する」という

手術至上主義が常識とされています。

「ガンを切らずに治そう」などといったら、

そんな愚かな、いかがわしいことはやめたほうがよい・・・

そう警告する人が大半だと思います。

一般論ですが、もし、代替療法などで患者にトラブルが起これば、

すぐにマスコミ糾弾の格好のテーマとされてしまうのも実体でしょう。

しかし、西洋医学によるガン医療訴訟もますますあとをたちません。

ガンのような難病に負けない体質を作り、

未来に希望を抱く心身の充実を図る、「養生の知恵」をはぐくむ――

この健康観、人生観を、患者がしっかりと持つことが、

ガン克服のキモということになります。

ガン切るべきか? 切らざるべきか?

はたまた、西洋医学一辺倒に任せるか?

東洋医学や代替療法の知恵も組み合わせるか?

――この選択は、まったくの「患者の自由判断」です。

そして、「患者は壊れた機械」ではありませんから、

「切れば治る」と妄信することもかなり危険だと、僕は思っています。

極論を恐れずに申し上げれば、患者は洋の東西の優劣を決める

「医学・医術論争」などどうでもよいのです。

いのちを掴む、いや、「寝たきり長生き」ではなく、

「元気で長生き」――、これがわが掌中にできれば、

それに勝る喜びないわけです。

タイトルとURLをコピーしました