《第39号》●希望の法則39 主治医のほかに「主治療師」「養生相談師」を持とう(1)

2010関根進いのちの手帖

皆さんも、一流病院の教授と称する医師に
主治医をお願いしている人は多いと思います。
しかし、僕にしても「ガンを切らずに12年間」、
なんとか延命できたのは、主治医をお願いした
帯津良一院長の指導による全体(ホリスティック)医療のお陰でした。

[ultimate_carousel slides_on_desk=”1″ slides_on_tabs=”1″ slides_on_mob=”1″ arrow_style=”square-bg” arrow_bg_color=”#3083c9″ arrow_color=”#ffffff” dots=”off” adaptive_height=”on” item_space=”0″]
[/ultimate_carousel]

いまの医療制度、病院制度では、外科、内科、放射線科などなど、
医師の専門分野化が発達しすぎて、
昔の医師のように、患者の心身を丸ごと診る医師は
本当に少なくなってきました。
皆さんも大きな病院に行って
とくに複雑に込み入ったガンや老化病の場合、
全体の症状を見てもらえず、
胃が痛いといえば、消化器内科に、
頭が痛いといえば脳外科に、
眼が痛いといえば眼科に、
のどが痛いといえば耳鼻咽喉科に・・・といった具合に、たらいまわしされて、
結局、原因も総合的な処方も分からないという、
体験にいらいらした覚えが何度もあると思います。

僕にしても、この12年間、検査数値が上がって、
「スワっ! 胃ガンだ、食道ガンの再発だ」と、疑われたことが何度もあります。
まさに「病気を見て、病人を見ず」の医療の蔓延です。

現実に患者の症状とは微妙にして複雑です。
人間の命は機械のように、単純に割り切れるものではありません。
患者は「壊れた機械」とは違いますから、
ただ、パーツ(部位臓器)を一つ一つ見たり、入れ替えても治りません。

僕の場合、たとえ、最新装置の検査による数値が高くなっていても、
別に胃が痛いわけでもなく、快食快便で「おかしい?」と思ったことが
何度もありましたから、きっと、これは体を冷やした違いないと判断。

「科学的」と称する医師たちなら最も毛嫌いする、
東洋古伝の「びわの葉温灸」や「湯たんぽ」そして、体の内側からは
「梅醤番茶」「葛湯」などで養生。
全身を温めて、2~3日、用心しているうちに
異常と診断された「数値」が、あれよ、あれよと改善され、
医師も看護師たちも「ガンの再発じゃなかった」と
びっくり・・・これが現実なのですね。可笑しいですね。

もちろん、こうした「東洋古来」といいますか、
「おばあちゃんの知恵袋」といわれる、
古伝・生活習慣の改善法を励行していれば「完璧」などと強弁はできませんが、
いま家庭で継承されることは少なくなりましたので、
僕などは、マクロビオティック食養生法の治療師の
山村慎一郎さん、そして、気功師で鍼灸師の鵜沼宏樹さんから
教わっているわけです。

いまや、この難病蔓延、ガン蔓延、長寿難病時代には
大学病院や専門病院の主治医の他に、自分とウマの合うといいますか、
相談によくのってくれる「主治療師」ないしは「養生相談師」を持つことが、
ますます必要になってきたと痛感しています。

大病院の最新装置で検査してもらえば、本当に安心なのか?
患者は「壊れた機械」とは違う――、
患者の命は、もっともっと「複雑にして微妙だ」――、
大病院の治療は、患者の複雑な症状に対処しきれていないのではないか?
(以下次週)

絶賛発売中! 関根進の2大ロングセラー

10刷突破!「ガンを切らずに10年延命」

◆好評発売中!「ガンに打ち勝つ、希望の法則50

タイトルとURLをコピーしました