《第20号》おかしな治療師や業者の「賢い見分け方」

200万円、300万円・・・といった高額医療を押しつける

医師や治療師、そして健康食品業者の言質を

どう見抜いて、自分らしい治療設計・

人生設計を組み立てるにはどういたらよいのか?

[ultimate_carousel slides_on_desk=”1″ slides_on_tabs=”1″ slides_on_mob=”1″ arrow_style=”square-bg” arrow_bg_color=”#3083c9″ arrow_color=”#ffffff” dots=”off” adaptive_height=”on” item_space=”0″]
[/ultimate_carousel]

とくに、僕のように退院後、

12年間、漢方を中心とした薬草薬食の代替療法で、

ガン延命を果たしてきた患者は、

薬や療法に健康保険が利かない分、

費用が多めにかかることはぬぐえません。

しかし、高額の漢方薬にしても、健康食品にしても、

体の調子のいい時は、

自分で判断して少なめにすればよいわけですし、

服用を休んでもよい。

納得いかなければ買わない。

また、僕の継続しているマクロビオティック玄米菜食法は、

もともと、粗食・素食に類するメニューです。

養生とは患者の工夫次と考えていましたから、

法外な「高額医療」に苦しめられることは

ありませんでした。

ガンの患者になった以上、

「他人に任せる」「医師や治療師を責める」前に、

自分のいのちをどう考えるか?

如何に己の後半生を設計するか?

健康維持、病気克服には「自分が主役」――

この基本原則を

しっかり持つことが、ますます大切な時代となってきたと、

僕は考えているわけです。

あなたは、どう考えているでしょうか?

高額医療や疑わしい治療を押しつける

医師や治療師、そして健康食品業者の言質を

どう見抜いて、自分らしい治療設計・

人生設計を組み立てるにはどういたらよいのか?

別に僕は医師ではありません。ただの患者にすぎませんから、

大層なことを述べる資格はありませんが、

一患者の体験から、新聞雑誌の連載や日刊のBLOGで、

「おかしな業者や治療師の見分け方」という

記事はなんども書いてきました。

数年前に、夕刊紙「東京スポーツ」に連載した

「スローヘルス最前線報告――

ゆったり治療で生き残れ」というコラムに連載した項目を

抜粋紹介しましょう。

●おかしな治療師や業者の「賢い見分け方」

ガンなどの患者に、盛んに健康食品や代替療法を

売り込みに来る治療師や業者を見受けますが、

これもピンからキリまでありますから、

その見分け方、騙されない方法の話をしましょう。

代替療法や健康食品を売り込んでくる業者で、

患者の病気の症状もろくに聞かず、

「この療法でみんな治りました」

「この食品が絶対に効きます」などと、

にこやかに迫ってくる人は、まず要注意です。

あえて、商売熱心をとがめだてはしませんが、

心の底は「自己陶酔」というか――。

患者の苦しみなど、少しも理解していない人は困りものです。

また、大学病院の治療法と違って、

立証性や検証性が乏しいものが多いわけですから、

こと代替療法や健康食品の選別に関しては、

「奇跡」や「カルト」の臭いだけが

プンプン漂うような療法だけは避けましょう。

この長寿難病時代だからこそ大切なことは、

患者自身が納得して悔いのない人生が歩めるかどうか?

余裕をもって判断することができるかどうか?

これが命を掴むコツなのです。

1.代替療法や健康食品を奨められた場合は、

開発者や推奨医師の著書や講演も

じっくり検証しておきましょう。

2.匿名患者の体験集ではなく、

より科学的に説得の出来るデータや、

社会的に信頼性の高い医師の臨床データによる

情報公開がなされているかどうか?

まず、この二つの「ツボ」を押さえて見抜きましょう。(中略)

* 続きはまた来週。

タイトルとURLをコピーしました