《第77号》≪食縁力ネットワーク≫で生命力アップ

2009 関根進いのちの手帖

「体にやさしい有機玄米、有機食品の農園やお店と手を握って・・・
わが家の食のライフラインを作ろう」というわけで、

[ultimate_carousel slides_on_desk=”1″ slides_on_tabs=”1″ slides_on_mob=”1″ arrow_style=”square-bg” arrow_bg_color=”#3083c9″ arrow_color=”#ffffff” dots=”off” adaptive_height=”on” item_space=”0″]
[/ultimate_carousel]

僕たちのスローヘルス研究会では、

ガンの治療情報の交換だけでなく、

有機栽培を旨として

インターネットに通販サイトを開いている

農園主や食品開発業者の人たちも

各地から参加していますから、

季節に合わせ、自分の嗜好に合わせて、

無農薬玄米やら有機野菜を

スムーズに購入するようにしています。

自然のうちに、地消地産、

いや身土不二の生活に浸れることになり、

僕たちはこの「食のライフライン」作りを

「食縁(しょくえん)力」と呼んで、

健康増進のために大切にしているわけです。

その一つに、山形県・高畠町に

「ア・コール」という、リンゴ、

自然食品のインターネット産直通販網があります。

運営しているのは髙橋司朗さんという若い夫妻です。

横浜に住んでいたのですが、

小さなお子さんの喘息を治したいと、

家族揃って、こちらに転居。

「ア・コール」という、

自然環境や健康を守る組織を作り、

健康セミナー活動を続けているようです。

また「日常の食材から生活を改めよう」というわけで、

地元の有志や農家の人とネットワークを作り、

インターネットを通じて、

産直通販網を広げているわけです。

暮れに、その髙橋司朗さんから、

次のようなメールが入りました。

「高畠は、最低気温が氷点下という日も

チラホラ出てまいりました。

御地ではいかがでしょうか?

今、高畠はふじリンゴの収穫が

ピークとなっています」と。

数年前、ここから「ふじリンゴ」を購入し、

スローヘルス懇親会の

プレゼントのひとつに提供したところ、

美味しいと皆さんから喜ばれたことがあります。

この「ふじリンゴ」は有袋(二重に袋)で育てた

「しまふじ」という品種で

懐かしい酸味のあるジューシーなリンゴでした。

この冬は、すでに、

別の「食縁ネットワーク」から、

ふじリンゴが届いていましたので、

我が家では「20玉 5kg 3,500円」の

ラ・フランスを多く購入しました。

気温差のある場所、

1暖房の部屋 2冷暗所 3冷蔵庫・・・と

3箇所に分けて保存し、

気温の高いところに置いたものから

順に少しずつ食べています。

美味しさが倍加して楽しめます。

ちなみに、ふじリンゴは

「46玉 10kg 3,800円、

50玉 10kg 3,200円」など。

高橋さんのホームページを覗いてみると、

最近は、ナチュラル・ハイジーンいって、

新鮮な果物を中心とする食生活で、

肥満や病気を予防・改善する

「自然法則」の活動を広めているようです。

ちなみに、連絡先は以下です。

興味ある人はホームページを覗いてみて下さい。

NOT_FOUND 404

〒992-0324山形県東置賜郡高畠町入生田2994

ア・コール  髙橋 司朗tel 0238-58-5438

≪お知らせ≫

毎週金曜日掲載

~週刊いのちの手帖~は、

新年1号から

次のように改題して、新装連載を始めます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

roketgo縁をつないで、運を呼び込む

ガンに負けない

希望の法則

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 本年同様、ゆったりと楽しく読んで下さい。

元気が出ます。勇気が湧きます。

タイトルとURLをコピーしました