《第21号》「おまかせ治療」はさようなら! 「ゆったり治療」で生き残れ!

「治療と効果」「治療とお金」・・・

患者の不安を乗り越えるにはどうしたらよいか?

[ultimate_carousel slides_on_desk=”1″ slides_on_tabs=”1″ slides_on_mob=”1″ arrow_style=”square-bg” arrow_bg_color=”#3083c9″ arrow_color=”#ffffff” dots=”off” adaptive_height=”on” item_space=”0″]
[/ultimate_carousel]

高額医療や疑わしい治療を押しつける

医師や治療師、そして健康食品業者の言質を

どう見抜いて、自分らしい治療設計・

人生設計を組み立てるにはどういたらよいのか?

数年前に、夕刊紙「東京スポーツ」に連載した

「スローヘルス最前線報告――

ゆったり治療で生き残れ」というコラムに連載した記事の

抜粋紹介の続きです。

●おかしな治療師や業者の「賢い見分け方」

代替療法を選ぶ、3つのポイント

1.あれもこれも手を出すのではなく、

2~3種類に絞ってためす

2.相性がよければ、

経済的にも長く続けられる基準で続ける

3.なるべくエビデンス(科学的立証性)の高いものを、

直感を働かせて選ぶ

医療情報が公開され、

治療の選択肢が広がる時代だからこそ、

これからは患者も家族も、

より賢く立ちまわる必要があります。

(*これは、僕の主治医で代替療法や

ホリスティック医学に詳しい

帯津良一医師に伺ったものです)

「治療とは、まさに己の人生を決める処世哲学なのだ」

とキモに銘じて、

悔いのない日々を過ごしてほしい、

納得のいく治療選択を

「ゆったり」をはたしてほしいと、

最近はつくづく思っています。

どうでしょうか?

長寿難病時代に、ガン患者を取り巻く

医療環境はますます悪化していきます。

医師や病院のシステムの問題、

そうした医師にただ阿(おもね)るマスコミの報道にも

患者はチェックの目を光らせて、

自らの治療設計・人生設計を納得のいくように

創造していかねばなりません。

さらに、跋扈する、いかがわしい代替療法をめぐる業者の

甘言にも気をつけましょう。

川嶋朗先生のいうように

「患者が主演で、医師は舞台監督」

「患者が主役」です。

また、さいきんは、慈善や福祉を標榜する

頭の下がる患者活動が増えています。

患者コンサルタント、コーディネーターなどと自称する

医師顔負けの活動している人も増えました。

しかし、ただ「他人の甘言」に惑わされるのではなく、

あくまで「あなたが主役」ということを忘れずに、

付き合うようにいたしましょう。

ますます「おまかせ医療」

「おまかせ人生」からの決別を

一人一人の患者が、しっかりと心する時代となりました。

これが、健康こそ至福、

人生の自己実現・希望達成の原則です。

僕は、長年、ガンと付き合ってきて、

「久病良医」(きゅうびょうりょうい)=

患者こそすぐれた医者である・・・

という中国の故事

が好きになりました。まさに「いのちの名言」です。

みなさんも、ときどき、この金言を思い出して、

これからの長寿難病時代を

賢く、ゆったりと生き延びてほしいと願っています。

タイトルとURLをコピーしました