《第37号》●希望の法則37 王振国曰く「希望を持って≪人生≫を楽しもう」

2010関根進いのちの手帖

久しぶりに、北京の病院で王振国医師の笑顔に迎えられ、

元気パワーを貰えたことはとてもうれしい旅となった――

[ultimate_carousel slides_on_desk=”1″ slides_on_tabs=”1″ slides_on_mob=”1″ arrow_style=”square-bg” arrow_bg_color=”#3083c9″ arrow_color=”#ffffff” dots=”off” adaptive_height=”on” item_space=”0″]
[/ultimate_carousel]

ぜひ、この病院の患者さんに「元気のメッセージを伝えてほしい」と頼まれた――

という話の続きです。

僕の挨拶をかいつまんで披露すると、以下のような内容です。

「みなさん、今晩は。元気みなぎる、この王先生の病院で、

患者の皆さんと、パワーを交換できる機会を与えられたことに感謝します。

僕は、12年前の58歳の時に、突然、食道ガンを発見され、

手術を拒否して、放射線と抗ガン剤、

そして、天仙液のなどの漢方療法などを組み合わせて、

こうして幸運にも元気に過ごしている患者です。

中国の有名な詩人に杜甫(とほ)という方がおられます。

この人の詩、曲江(きょっこう)に「人生七十古来稀なり」という

言葉がありますが、お陰で、ことし、古希70歳を迎えることができました。

(会場から万雷の拍手)

いま、日本で、多くの有名人が食道ガンに侵されて、

むごい手術と果敢に闘って頑張っている様子がニュースで流されています。

僕は、普通の人とは違う、治療法、つまり、

西洋医学と薬草薬食療法の組み合わせて、

こうして再発もせずに過ごしているわけで、ちょっと変わった患者です。

しかし、いまでは王先生が提唱する西洋医学と中医学(漢方)を組み合わせた、

中西医結合治療の成果だと思って、とても感謝しています。

患者会の挨拶の通訳は大屋玲子さん(右)

中国の有名な詩人に杜甫(とほ)という方がおられます。

この人の詩、曲江(きょっこう)に「人生七十古来稀なり」という

言葉がありますが、お陰で、ことし、古希70歳を迎えることができました。

(会場から万雷の拍手)

いま、日本で、多くの有名人が食道ガンに侵されて、

むごい手術と果敢に闘って頑張っている様子がニュースで流されています。

僕は、普通の人とは違う、治療法、つまり、

西洋医学と薬草薬食療法の組み合わせて、

こうして再発もせずに過ごしているわけで、ちょっと変わった患者です。

しかし、いまでは王先生が提唱する西洋医学と中医学(漢方)を組み合わせた、

中西医結合治療の成果だと思って、とても感謝しています。

先ほど、病院内部を見学させていただき、王先生は、私の治療は、

薬草を中心とした「緑の療法」だとおっしゃっていましたが、

僕の場合も「緑の療法」の勝利だと思っています。

ちなみに、漢方を中心とした最新療法、さらに「幹細胞治療」など、

西洋の研究所。病院をしのぐ治療や研究の医術に目を見張りましたが、

王先生の魅力は、こと身体の療法のみならず、

心の療法に力を入れていることでしょう。

僕は3度、王医師の病院を訪ねました。

一回目は、10年前に長白山の研究所(中国東北部)です。

これが初めての王先生との出会いであり、

温かい手で触診していただいたことを懐かしく思い出します。

二回目が、5年前、帯津良一医師と王先生の対談集を作ることもあって、

珠海(中国南部)の病院を訪れました。今回が三回目となります。

その都度、病院は患者の修理工場にあらず、

「患者の家」「愛心の家」であるべきだ――、

患者はあきらめずに、希望を持って人生を楽しもう――と教えられました。

古来、ことわざに「言葉は力なり」という名言があります。

王先生は言葉で患者を励ます達人であります。

「話療法」の名人でもあります。

この北京の病院にも、先生の処世訓を始め、多くの先人の「いのちの名言」が

揮毫として、ロビーやあちこちの部屋に掲げられているのには勇気づけられますね。

僕が気に入った名言は

≪健康は財運を為し 福寿は人生を伴う≫という言葉でした。

患者さん一人一人の、偽らざる気持ち、願望を素直に

言い表しているものではないでしょうか? まさに、力強くて、元気づけられます。

日本の病院は、ちょっとシャイといいますか、とりすましているところがありますから、

ここまでストレートな希望達成名句を掲げているところはありません。(笑い)

あまり、長話をすると、皆さんも疲れるでしょうから、

最後に、僕も、この12年間の闘病で掴んだ

ガン闘病の「結論」の言葉を披露して、本日のメッセージに変えたいと思います。

僕は、何冊か、王先生のことやガンの中西医結合治療、

統合医療、ホリスティック(全体)医療のすすめを本に書いてきましたが、

そこでもたびたび触れた、いわば、僕なりのガンに負けない処世訓です。

≪希望こそ良薬 あきらめは毒薬≫――

という人生訓です。皆さん、お互いに、希望を薬として、

人生を楽しみましょう。有難うございました」

ところで、今回の王先生の病院視察には、

香港から天仙液の世界発売元である

製薬企業・中日飛達(ちゅうにちひたつ)有限公司の新社長・陳海威さん、

東京から健康養生塾の大屋玲子さんらも同行してくれて

僕や帯津良一先生一行を励ましてくれました。

また、台北にある中日飛達聯合有限公司(China-Japan Feida Union Co., Ltd.)の

総裁・盧繼徽(ルー チフェィ)さんから、

「関根さん、旅行中は、これも毎日、飲んでください」と

体調を崩しがちな僕に、「中華 黄金・冬虫夏草」という漢方秘薬が

届けられたのには助かりました。

中国の宴会料理は美味しいものですが、

どうしても、油っぽく、食べ過ぎると胃腸を壊しやすいものです。

僕はマクロビオティック玄米菜食の励行者ですから、

もちろん、北京ダックや古老肉 、炸力脊 (豚肉の唐揚げ)

炸丸子 (肉団子)などには目もくれませんが、

今回の旅行では、とくに、お粥や消化のよい野菜・キノコ類など

できるだけ小食粗食に徹しました。

その分、食間に「天仙液+黄金冬虫夏草」を飲むという、

まるで「仙人のような薬餌生活」をしていましたから、

皆さんから見れば呆れるでしょうが、お陰で、快食快眠快便で、

過ごせたことは有難い限りでした。

しかし、「食は運命を決める」「薬食同源」

「過ぎたるは及ばざるが如し」といった東洋に連綿と伝わる、

健康養生の知恵は、抗ガン剤などの化学劇薬にまさる

「元気長生の良薬」なのですね(^0^)。

ともあれ、「希望を持って≪人生」を楽しもう!」

と励ましてくれた王振国医師との久しぶり北京の再会は、

僕に、たくさんの生きるパワーをもたらしてくれたことは間違いありません。

まさに、今回の旅は、心身の若返りの妙薬となりました。

タイトルとURLをコピーしました